Pencil ✒︎ Pencil

国立大学受験、浪人、フリーター、自衛隊受験を経て、22歳の時にADHDが発覚 心の師匠はB’z

薬に頼らずADHDを改善する道を探す

この間、クリニックを変えて再度診察を受けてきました。

 

前回は、職場がきつい、辛いと言った内容ばかり喋って、根っこにある問題が小学生の頃からあるってことをしゃべれませんでした。

 

なので、今回は小学生から今に至るまでに思い当たる節いかにそれに振り回されているか客観的な視点として親しい友人から見た印象などを紙6枚分くらいにまとめた物をですね、一緒に持って行きましたよ。

 

それで、ようやく「注意欠陥多動性障害(ADHD)の可能性が高いですね」というお言葉をもらいました。

 

いや、当たり前か。

 

それだけ言えば、こちらもそう言うしかないでしょうってくらいのプレゼンテーションをしてきましたから。 

 

それで、何回か通院して、多角的に僕を分析していくことになったんですけれど、こうことが進み始めると逆に不安になってきます。

 

「いや、自分は本当にADHDなのか?」

っていう不安ね。

 

自分の感覚ではそんなにボケボケとは思ってないんで。

 

周りと比較し、やっぱりうまくいっていない、ついていけないと感じて初めてやっぱりおかしいと思い至ったわけですし、過去にあったそれらしいことっていうのも、ただ怠けてただけなんじゃねーの?って自分でも疑ってしまう瞬間がある。

 

けど、よくよく思い出すと、やっぱり他のクラスメートと同じように物事を処理できない、感情のコントロールが難しい、真面目なつもりなのに周りからはクレイジーといった正反対の評価をつけられてしまう。

 

それが辛かったのもまた事実

 

でも、大人になった今は当時ほど酷くはない。

だから不安になる。 

酷くはないってだけなんで、やっぱり違和感はあるんだけども。

あの頃程ではない

 

高校生までは常に焦ってるか、すごくぼーっとしてるかのどちらか

今の僕は、普段は落ち着いてやりたいことやってて、仕事で自分のキャパを超えるとフリーズする、パニックになるぐらい。 

 

あれ、大差ねーな。

 

それでも、小学校〜高校の迄と、大学受験以降で体感としては大きな違いを感じるのです。

 

じゃあ、なんで僕は大学受験以降は少しマシになったんだろうと考えると、これかなっていうのはある。

・・・・・

 

どうしても入りたい大学ができて、大学受験を決意した時嫌でもそれまでの自分をみつめなおさざるを得なかった。

テストすればいかに自分が頭を使うことを放棄してきたか、いかにだらしない生活を送っていたかってことに直面するし、それを変えなければ到底受かりそうになかったから必死だった。 でも、それを一つ一つ変えて新しい自分に変わっていくのは非常に楽しく燃えるものだった。

 

その時の燃えるような感情をもう一度味わいたくて、

 

・睡眠習慣を朝型に変えはじめた

・食事を見直し、糖分を控えたり水分補給を意識し始めた

・姿勢を正した

・手を動かすようになった

・積極的に散歩するようになった

・自己分析を行なった

・瞑想して、思考と感情から一歩引くトレーニングを続けた

・堅実な自己啓発書から怪しげなスピリチュアル本まで読み漁った

 

時間感覚の問題とか、集中力のムラとか全く改善されないものはあるんだけども、なんだかんだ、自分の欠点を自覚して、それを補う努力を4、5年続けてきていたのが症状の軽減につながってきたのではないかと思ってる。

 

だから根治は無理でも、症状の軽減、改善くらいなら薬を頼らず、自助努力でなんとか生きていくことも可能なんじゃないか? そんな希望もあるにはある。

 

それに、ここで薬んじゃったら、なんかつまんねーなとも思うのだ。 

 

遅かれ早かれ薬に頼る毎日が嫌になるんじゃないか。そんな気がする。

でも、精神的に追い詰められると、ストラテラでも飲んで、手っ取り早く人並みになりたいと考えてしまう。 悩むところだ。

 

そんな感じなんで、 クリスマスにこんなものを買ってきたよ。

f:id:pencilpencil:20171226191247j:plain

 

New Nintendo 3DS LL

ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング

 

Newっていうか最近出たのかと思ったけど、発売されたのは3年前なんですねぇ。

ADHDの特徴である、ワーキングメモリーの貧弱さ。

 

じゃあ、それを鍛えちゃおうじゃないの!と思い、色々調べたところ、効くと聞いたんで給料入って速攻で買っちゃったよ。

 

小学生の頃にDSを買ってもらった時にめちゃくちゃ熱中していたのが脳を鍛える大人のDSトレーニングで、このシリーズにはそれなりに思い入れがあったのも大きい。

 

 

と言うわけで、 気が向いたら途中経過でも記録して行こうかなと思ってます。

 

それでは