Pencil ✒︎ Pencil

国立大学受験、浪人、フリーター、自衛隊受験を経て、22歳の時にADHDが発覚 心の師匠はB’z

【ネタバレあり】ウェクスラー成人知能検査(WAIS-Ⅲ)を受けてきたよ

f:id:pencilpencil:20180115192644j:plain

 

 以下ネタバレを含みます。これから受ける人は結果に誤差が生じるので読まないでくださいね

 

先日、知能検査を受けてきました

 

WAIS-Ⅲ、ウェクスラー成人知能検査というやつ

僕自身は初めてそんなテストを聞きましたが要するにIQテストってやつらしい

 

小学生くらいの頃は特にIQサプリなんて番組が大好きでして、

 

?「これが解ければIQ120!!」

伊東四朗「IQサプリ☆」

石塚英彦(もやっとボールドバァ)

 

あの番組は楽しかったですね

手っ取り早く優越感を満たしてくれたので

土曜日の19時〜20時がIQサプリで、日曜の19時〜20時が熱血!平成教育学院でしたっけか?

 

やっぱり人は実力を客観的に表してくれる数字が大好きですね

Dragon Ballのスカウター然り

 

まぁ、ともかく今回詳細な検査をするにあたって僕が想像していたのは

詳しく問診していくとか

頭に冬虫夏草だかブナシメジみたいなケーブルセンサーつけて脳波図るだとか

そんなものだったので、急にIQテストと言われると、正直身構えました

 

だって、今回のテストはごまかしが効かなさそうだったので

 

嫌でも自分の知能というものが白日に晒されてしまう

それは正直怖い

 

まぁ、でも気になります

じぶんの知能指数

 大まかな試験方針

2時間くらいかけて手を動かしたり考えてさせられたりしました

それらの結果から

  • 言語性IQ
  • 動作性IQ

大まかにこの2つに分けて被験者の知能を図っていくのですけど、普通に発達していくことができた人はそれぞれの値の差が大体15以内に収まるらしい

 

しかし、発達になんらかの偏りが見られる場合、差が15を超えて大きく開いてしまう傾向が見られる、、、らしい

一概には言えないらしいけど 

 

参考にしたサイト 

www.nichibun.co.jp

【言語性IQ】単語、知識、類似、理解、語音整列、数唱、算数、語音整列

最初は紙で示された単語の意味を説明するよう求められました

 

例えば、

  • 冬とはなにか
  • 米とはなにか
  • DNAとはなにか?

というような、常識だけど、今更説明するほどのものでもない単語について、説明を求められたり、

 

  • 解脱とは何か?
  • 日本三景を挙げよ
  • 主に放射線に関する研究で、二度ノーベル賞を受賞した女性化学者の名前は?

といった、身につけなくても生きていけるが、社会的常識ではある知識について説明を求められたり

 

  • 人と猫の共通点は?
  • 民主主義と共産主義の共通点は?

といった抽象的思考を元に類似性を導き出すよう求められたり、知性を求められる出題が矢継ぎ早に飛んできました

 

例えば単語に関する説明でしたら、

 

「コメは米だろ! 日本のコメは世界イチィ!!!」

「冬、うーん・・・失恋の季節かな?」

 

といった答えを求められているのではなく、おそらく説明するにあたって具体例をあげたり、反例をあげたりして説明をすることを求められているのかな?と僕は判断し回答していったのですが、

残念ながら辞書的な定義をまるっとそのまま説明するほどのストックもなかったので、逐一考えながら答えを用意するしかありませんでした

 

これが非常に疲れる作業で、部屋が暖かいせいもあるんでしょうが、ともかくなんの刺激もない問題が淡々と飛んでくるので、頭がモヤァ・・・っと霧がかって集中力がごっそり削られていく

それでもうんうん唸りながら、

 

冬→「一年を通して、特に気温が低くなる時期のこと」

米→「イネ科の植物 また、そこから収穫される稲穂から取れる食べ物」

DNA→「デオキシリボ・・・ ふぐぅ・・・うまく説明できない・・・パス!」

 

そうやって時にパスしながらも、答えていきました

今ならもうちょっとマシな回答用意できるだろうと思うのですけども、まぁこれが僕の知能ということなのでしょう

 

問題を解くたびに、今まで積み上げてきた自分はこれくらいの知性だろうといった根拠のない自信が崩れ去っていくようで、その虚脱感がさらに集中力を奪うといった悪循環に陥っていたように思います

 

特に辛かったのが、紙ではなく口頭で問題が出題され、頭に問題をキープしながら、回答を求められる場合

 

僕の場合、数字を復唱する問題は最初の5桁くらいなら余裕なんですが、その先になると数字が端から消えていくか、別の数字にすり替わるなどしてしまうんですね

 

「あれ・・・6592379だったかな・・・? うん? 8593729だったか? あれあれ????」

 

みたいな

 

これが今度は、

「数字とカナを混ぜて伝えるます。数字は小さい順、かなは50音順に並べ替えて回答してください・・・具体例あ →   235あいお)」

 

「定価2000円の服を20%引きで売りました。さてその値段は?」

 

となってくると、 頭の中で問題をキープできなくなってくる

口で復唱しても考えているうちに


「うん? 定価いくらっつったっけ? あれ?」

 

どんどん問題のポイントがボヤけていく

困ったので、一応質問もしてみた

 

「もう一度言ってもらえませんか?」→「この問題では一度しか言えません」

「紙に書いてもいいでしょうか?」→「それは認められません」

 

 

こんなことを何度も繰り返していくので、気持ちが萎える 

 

非常に疲れました、はい

 

【動作性IQ】絵画完成、符号、積木模様、行列推理、絵画配列、記号探し、組合せ

対して、ビジュアルと手を駆使して問題処理に当たる場合には、頭の霧がハッと晴れるのはどうしてでしょうか?

 

特に楽しかったのは、四コマ漫画をバラバラにしたような複数の絵を並び替えて筋の通った物語にする絵画配列?にあたる作業

 

これは本当に楽しかったです

 

もともと趣味でストーリーを練ったりしているので、そういう好きなことになると急に嬉々として頭が働き出すのは本当にどういうことなの

 

その他、

 

  • 面ごとに色が振られている立方体を使って、見本通りに組み直す積木模様
  • 見本は与えられず、自分で完成図を予想しながらバラバラのピース組み立てていく絵画完成
  • 複数の無機質な図から規則性を見つけ出し、回答する行列推理

 

などなど、基本的には視覚から情報を掬っていくような課題をこなしていきました

 

目に見える文字やビジュアルとして提示されたものを弄ったり、考えたりすることに問題があるようには、少なくとも僕の主観では感じられなかった

 

けれど、規則に則って記号を書き込んでいく作業を行ったのち、手本を取り上げられて今まで書いてきた記号をできるだけ記入してくれというような短期記憶を求められるような指示はやっぱり苦手でした

 

そして、いくらビジュアルを使えば処理しやすいとしても、逐一マニュアルを参考にしながら行っているので、速さが犠牲になっているはず

動作IQでも僕は平均を下回っていると思ってる

(どういう評価基準なのかは僕にはわからないのだけれども)

 

言語性IQが劣っていると思う

まだ結果は出ませんが、僕は言語性IQが劣っていると感じました

 

本を読むのは嫌いではないですし、こうやってブログも好きでやったりしているので、言語作業は好きなんだと思うのですが、それらが好きなのは言葉が形として残ってるからなんだと思います

 

人と会話をしながら自分の考えをまとめて述べたり、頭の中で抽象的な思考を積み上げていく作業は今回のテストを行う前から苦手なのは自覚していました

 

第一、本を読むにしても、現代文のように非常に抽象的な概念を拾い取って自分の頭の中で操作することを求められると僕は全く手も足もでなかったり

 

いざ、自分の頭で何か考えようと思っても、頭の中は真っ白で何も浮かんでこない

散歩していると、急に言葉がどかっと降ってくる

そしてあっという間にその大部分は蒸発していく

 

僕にとって言葉へのモチベーション、例えば学んだり、操ることは

水を貯めたり、それを利用することに似ていると感じます

 

水はつかみどころはないけど、一応存在はしていて、触れることもできる

 

ただ僕が水を手に入れるためには、いつやってくるかもわからない雨雲を待たなくてはいけなくて、降ってきた雨水を穴だらけの器に集めて、こぼしながら日持ちする大きな桶になんとか、なんとか貯めていく

 

それでなんとか日々の生活をやりくりしている感じ

その作業も一応自分なりに熟練してはいるけど、相変わらず雨水は予測不能だし、もっといい方法はないのか?と思ってる

 

多分普通は、近場の井戸にでも行って水をすくってちょっと器は穴が空いているけど、問題なく運んで利用できるんだと思います

 

的確な例えじゃないかもしれないし、意味わからんかもしれないけれど、 こんな表現が僕にはしっくりきました

 

毎日コンスタントに2,3000文字の記事を仕上げている人はすごいと思います

 

僕の場合、

 

「全く書けなーーーーーーい!!!!やる気なーーーーーい!!」

「書きたいことが多すぎるぅぅぅぅうううう!!!!(たかだか3000文字程度)」

 

そんな感じですからね

 

【総評】言語、動作性の平均IQが100行けばいいや

多分、IQに関しては大した結果は出ないでしょう

やってて、自分の知性は大したことはないと感じましたし、仮にどちらかがよかったとしても偏っていたら生きづらさの原因にしかならないので、ぶっちゃけ期待しても意味がない

 

ともかく今は結果を待つしかない

もどかしいです

 

 追記

 

結果発表です

自己評価と正反対で笑うしかない

pencilpencil.hatenadiary.jp