Pencil ✒︎ Pencil -ADHD修行編-

ADHDについて正直な話 最近落ち着いた

ストラテラ投薬6日目 感想【工藤新一になりたかったあの頃】

 昨日の感想

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

 

こんにちは

6日目です

今日の感想は、ある種の敗北宣言ってやつです

 

今までの22年間はなんだったんだ本当に・・・!ってくらい、ストラテラの効果を実感する毎日

 

なんだこれ マジで

返してくれ〜〜〜〜22年間・・・っ!!

 

Q.「小学生の頃の夢はなんでしたか?」

 

A.「宇宙飛行士、パイロット、天文学者、物理学者、俳優、小説家、映画監督、タクシーの運転手、工藤新一でした!!!!1」

 

夢定まらなさスギィ!!!

ちなみにこれら、友人や先生に公言してた夢のリストです

 

青木ヶ原樹海かよ

方向性ブレブレじゃねーか

 

でも、大体カテゴライズすると

  • 運転する仕事
  • 考える仕事

のどちらか、または両方をまたぐ仕事っていう傾向はあるみたいね

ってか工藤新一タクシーの運転手ってなんやねん

 

いきなり現実見つめ始めたよね

そもそも、江戸川コナンじゃなくて工藤新一ってところが、願望を未来に丸投げしている証拠だよね

ま、まぁ・・・将来の夢だからギリセーフってことで・・・

 

(本当を言うと、当時タクシー移動が多かっことと、コナンばっか見てたからだと思われる)

 

 ちなみにどれくらい、工藤新一に憧れていたかと言うと

 

  1. 友達が怪我をしました
  2. 周囲のお友達が駆け寄って手当てします
  3. 保健室に連れて行きました
  4. 一方、僕は地面に滴る血を見て推理しています
  5. 「(ポコリン!!)わかったぞ!! 彼女はここから足を滑らして怪我をしたんだ!!」

 

?「探偵ごっこはそこまでだ」

 

思い返すとこの小学生マジでやべー・・・

 

ともかく、当時の自分はそれくらい冷静沈着に論を進めることに憧れを抱いていたわけです

自分はすごい頭脳の持ち主なんだ!! 頭がいいんだ!!って信じたかったのだろう

 

でも、それが全然できない自分というのも自覚していて、すごいコンプレックスだったんだと思います

すぐに癇癪起こして、何かに怯えて、喧嘩もすぐ負けてな・・・

 

だからこそ、冷静沈着に論を運び、時にピリリと光る閃きを武器に犯人を追い込んでいく名探偵コナンの世界がすごい輝いて見えたわけです

 

でも、現実で考えていることといえば、口喧嘩に勝ちたいとかそんなことばかり・・・

 

ストラテラ6日目の感想

本題

今日の話ですが、勉強してました。 ずっと

 

ストラテラで自分の集中力がどのように変わったのかを測ろうと思って、久しぶりに色々書物を引っ張り出してきて、片っぱしから読んでました

 

そうしたら、やっぱり頭の中が空想や関係ないアイデアで満たされた世界に吸い込まれないんですよね

 

やっぱりすごいわストラテラ

 

全く関係ないアイデアが浮かばないわけではないんですけど、頭が興奮していながらも関心を向けるべき対象にすぐに戻れる

これはデカイ

 

ADHDはアイデアマンだ!!っていう話をよく聞きますけど、それを抱えている多くの人は、アイデアを形にできないと思います

 

上で小学生の頃の夢を書き出しましたけど、 やりたいことが宇宙飛行士かと思えば小説家になったりするわけです(でも小学生ってそんなもんか)

 

形にしようと思っても、別のアイデアが浮かんできてそっちに目を奪われるからどちらに形になりゃしない

 

大学受験に集中したいのに描きたい漫画のアイデアが浮かんできたって困るんです

イデアがドバドバ出るのは単純に気持ちよくて多幸感MAXなのもタチ悪い

だから、ここ4、5年間はいかにアイデアを押さえつけるかという点に腐心してきたのです

しかしそれは好奇心を犠牲にするということでもある

それが辛かった

 

ずーっとそんなこと悩んでたのに、ストラテラ飲んだらスッとできるようになった

 

好奇心に満たされて頭はハイなんだけど、ちゃんと動作は落ち着いている

これだよ!! この感覚

これぞまさしく夢にまで工藤新一ではないか!!!

 

でももう22歳にだよ!! しかし時の流れは速いな!!

 

投薬で解決することへの疑問

努力や意志ではどうにもならないことというのを、今回のADHD疑惑騒動で突きつけられたというか・・・

なんというか挫折感、敗北感もあるんです

 

ですが、有難いことには変わりないのです

本当に、研究を進めている方々に対して心から感謝している

 

正直、この薬を小学生の頃に試していたらどうなっていただろう?と思うのです

 

色々やりたいことがあっても、挫折することばかりだったから・・・めっちゃ苦しかったぜ

 

ちょっと悔しいのです

もっと違う17歳、22歳の自分がいたんじゃないかなって

 

まぁ、まだ6日目なんで、薬の効果がどう転ぶかまだわからんのですが・・・

 

次の日の感想

 

pencilpencil.hatenadiary.jp