Pencil ✒︎ Pencil

国立大学受験、浪人、フリーター、自衛隊受験を経て、22歳の時にADHDが発覚 心の師匠はB’z

コンサータ18mg 12日目 体重減少と湧き出す疑念

自分が飲んでいるものが恐ろしい

 

飲み続けていいのか? このお薬を

 

今日はそんな話です

 

体重が3kg落ちた

 

コンサータで集中力が増し、できることが増えた僕は少々舞い上がっていました

 

副作用も酷く感じることはない

食欲は少し軽くなったかもしれないけど、摂食障害というレベルではないし、気が張りがちなのも無視できる

体に負担はかかるかもしれないけれど、コレくらいならば...

 

お風呂に入ろうと思い、服を脱いで鏡に映る自分を見た

 

「あれ?」

 

なんか腹筋が前よりクッキリと出てやいないか?

もしかして痩せてきている?

 

体重計に乗ると

 

57.3Kg

3kg減っている

 

コレは...

 

ところで僕の身長は173cm

 

適正体重=(身長{m}^2)×22 

 

BMIと適正体重 - 高精度計算サイト

 

 

らしいので、この体格ならば65kgは欲しいところですが、

飲み始める前が60kgだったこと、そしてこの体重は成長期が完全に止まった19歳頃からずっと保たれてきた体重であり、この値はどうあがいても振り切ることができないものだったことを考えると、ここを超えると僕にとっては体に無理を強いているのと同義

(ちなみに18以前は今以上に健康に無頓着だったので体重が70kgあり、もっとも運動をしていた中学三年:身長170程の頃は55kg)

 

対して生活スタイルを変えていないのに55kgに近づくのはなんだか怖い

 

食べてる量は減らしているつもりなかったのですが、動きすぎているのか?

 

 

飲んでも調子が悪い日が来た

 

コンサータ への疑念が決定的になった出来事が昨日起きました

 

飲んでも調子が悪いのです

特別睡眠不足だったわけでもなく、強いて言えばその前日が休みで寝すぎて一日中家にいたことくらい

 

仕事しててもなんだか頭は重いし、抑うつ気分が波のように押し寄せ、思考はまとまらない

 

ぼんやりダラダラと、漂わせるオーラも燻らせてしまいました

 

コンサータ18mg 効いてないぞ?!

 

耐性への恐怖

 

おいおい

コンサータが効かないならどうするんだ?

 

最後の砦なのですコンサータは

崩されたくないのよその希望の砦をな

 

抱いていた完璧なこの砦がボロボロと瓦解し始めて、走り続けるヒビを必死に繋ぎ止めるようにまた薬を放り込んで

 

量をまた増やしたらまた動けるだろうか?

でも、どうもそういう問題じゃないように思う

 

量を増やせば違う自分になれると信じて増やしたストラテラ

 

結局120mgにしても満足しなかったのです

その末のコンサータ切り替えでした

 

それで体に鞭打って、手に入れたものを失うまいとまた量を増やすのかい?

 

そこにゴールテープは待っててくれるのかい?

 

欲しいものはいつか手に入る

そして手にしたらそれは永遠に自分のものなのだ

 

そんなバカな幻想をいつまで追い求め続けているんだろう?

 

「増やしてもどうしようもないぞ、、、コレは」

 

ついに限界が見えてきた

そんな気がしました

 

 

次の日はよく効いた

すげぇナイーブになってその日は25000歩も歩いてしまいました

 

コンサータが効いて疲れを感じにくくなっているのです

でも体に疲労が溜まっているから、家に着いた頃にはズゥンと疲労感と眠気が襲ってきて風呂入って寝ました

 

翌朝は何ともなく、またコンサータ飲んで仕事に出て

 

そしたら普通に効きやがるのコイツ

 

なんやねん!

 

悪くない気分なんだけれども、完全に振り回されて一喜一憂しているのがアホらしくなってきました

 

僕らは学ばなければいけない

 

汝己を知れ

 

今まで生きてきてこんなにもこの言葉が迫ってきたのは初めてです

 

自分がどんな武器を持っているのか?

その武器は鉄砲なのか、剣なのか?

マシンガンなのか短剣なのか?

 

ああ、僕らは知らなければいけない

 

自分が飲んでいるものが何なのか?

どう作用するのか?

 

知らなければいけない

 

そして自分の限界も

 

一生をかけて学び続けなければいけない

 

こんなものを買って読んでいます

 

 

メチルフェニデート徐放錠を用いたADHDの薬物療法と心理社会的治療

メチルフェニデート徐放錠を用いたADHDの薬物療法と心理社会的治療